歯科のようにほとんどが個人経営の場合、お客さんの集め方が大きな課題となります。

大手企業や大病院であれば、駅に大きな看板を出したり雑誌に広告を出したり、テレビやラジオでCMを流したり、お金があるので色々な手段が使えます。

これに対して個人経営の場合はどのようにすればよいのでしょうか。

個人経営であるため、県内全体に広告を出す必要も無く町内で評判になることができれば十分な集客効果があります。

歯医者の口コミに注目が集まっています。

このような場合、口コミを利用するのが最も効果的です。

評判の歯医者情報選びはインターネットで行う時代です。

ではどのようにして口コミを広げていけばよいのでしょうか、効果的な方法が2つあります。
1つめは子供の患者さんを大事にすることです。


子供は虫歯になり易かったり、乳歯を抜いたりなど、大人に比べて歯科を受診する機会が多いです。

さらに、子供にとって通いやすい歯科という評判は子供の通う学校だけでなく、お母さんたちの間で口コミとしてどんどん広がっていくので、ものすごい宣伝効果になります。

子供の治療が終わっら、ご褒美としてシュガーレスガムやキャラクターグッズをプレゼントしたり子供向けのわかりやすい治療説明(虫歯に関する絵本、紙芝居など)ちょっとした工夫で、大きな効果をえることが出来ます。

2つめはインターネットを活用することです。

特にFacebookにページを開設し、歯科医本人の写真を載せ、趣味、日常生活についての日記を掲載します。

歯科医の人柄を紹介し、より身近に感じてもらうのが目的なので日記の内容は歯に関することでないほうが良いです。
ご近所にチラシを配って、そのチラシにFacebookページのアドレスを記載すれば、何人かがそのページのファンになり何人かが患者さんとして来てくれるでしょう。

歯医者の口コミの分かりやすい情報はこちらのサイトです。